• HOME
  • HOME
  • PAST ARTICLES
  • コロナ特集〜② 「地域の料飲関係団体と連携する東京の各区:コロナ感染防止の『日本モデル』を探る」

コロナ特集〜② 「地域の料飲関係団体と連携する東京の各区:コロナ感染防止の『日本モデル』を探る」

PAST ARTICLES

東京だけが「悪者」?

世界では欧州を中心に、新型コロナウィルス(COVID-19、以下「コロナ」)の感染再拡大が深刻化している。

日本でも再び感染防止への警戒感が強まりつつあるが、感染者数、死亡者数そのものは主要先進国と比較すると圧倒的に少なく、そのコロナ対策は「日本モデル」と言われているほど評価が高い。だがその一方で、日本人の「日本モデル」に対する評価は驚くほど低い。日本のメディアは、連日感染者数の拡大に焦点を当てて報じ、新規感染者数の多い東京は国内で「悪者扱い」されている状況だ。

地方の医療機関では、「家族に東京に行かれた方がいる場合、2週間は受診を避けてください」ということが普通に患者に伝えられ、「東京に行った」だけで、コロナに感染したというデマが飛び交う地域もある。

これは、コロナについて、メディアが正確に報じていない結果ではないかと思う。東京は確かに感染者再拡大の状況にあるが、各自治体レベルでは必死の取り組みを続け、うまく封じ込めている区もある。(「nippon.com」 2020年11月25日掲載)

続きはこちら↓ ↓ ↓

地域の料飲関係団体と連携する東京の各区:コロナ感染防止の「日本モデル」を探る

 

 

編集者

666 views

ウェブマガジン「Colette」は、ベルエポック期から活躍し、二度の戦争を乗り越え、最期まで精力的に執筆活動を行い、また華やかな私生活でも知られたフランスき...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧